【運営ルール】書評の形式

シェアする

本が好き!の書評に形式の決まりはありません。自由です。

切れ味鋭い論評も、ほんわかエッセイ風も、素直な感想文も、架空の人物が対談しているような形式も、長歌や川柳だってOKです。
書籍内容の「まとめ」でも、ご自身オリジナルの要約になっていれば問題ありません。

意識していただくことは、基本的に本が好き!の書評は、

  • 読んでから書く。
  • 読み手がいることを意識して書く。(公の場に出る文章である)

ということです。

これは以前、「読んでいない本について書評を書いて良いのか?」
http://www.honzuki.jp/bookclub/theme/no141/index.html
というみなさんの議論をもとに、私たちも改めて確認した内容です。

また、本が好き!は「書評を通じて新しい本や人との出会いを楽しむ」というコンセプトのサイトですので、できるだけ、これから読む方の参考になる、その本への興味をかきたてる書評をアップしてください。

とはいえ、肩肘張って書いていただく必要はありません。
素直な「ひとこと」が、充分にその本の魅力を引き出すこともあります。

※書いてはいけないことは、規約の「第8条 禁止行為」をご確認ください。
http://www.honzuki.jp/about/about/rule.html

シェアする

フォローする