2018年本屋大賞ノミネート作品を読もう!vol.2

シェアする

1月18日に2018年本屋大賞ノミネート作品が発表されました。自分の読んだ本がノミネートされていると、俄然応援モードになります。本屋大賞を知らなくても、これから読む本を探そうという人には「本屋大賞ノミネート作品=全国の書店員がこの1年間に読んだ本のベスト10」という最適なセレクトになっています。ぜひ読んで大賞予想を楽しみましょう。エントリー10作品のうち、3作品を「本が好き!」のレビューとともに前回ご紹介しましたが、今回も3作品をさらにご紹介していきます!

本屋大賞とは

「売り場からベストセラーを生み出す」をコンセプトに2004年にスタートした、書店員による投票で選ばれるコンテスト。第一回では小川洋子の『博士の愛した数式』が大賞を受賞。書店から生まれた試みにメディアでも大きく紹介されました。2006年には同作が映画化され、更なる反響を呼びました。

スタート当初は選考開始までの過去1年間に刊行された日本の小説作品を対象とした「本屋大賞」と、ジャンルを問わず売りたい本を選出する「本屋大賞 発掘部門」の2部門でしたが、2012年から翻訳小説大賞も加わり、504の書店、665人の書店員が参加する、一大イベントとして知られています。

■本屋大賞ホームページ https://www.hontai.or.jp/index.html

エントリー作品④今村昌弘『屍人荘の殺人』

書籍:『屍人荘の殺人』
今村昌弘KADOKAWA
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/255364/

ピックアップ書評(ねこりんさん)

屍人荘は、「しじんそう」と読みます。この字が使ってある意味がよく分かりました。……続きを読む

ピックアップ書評(やっすさん)

特異な設定を本格ミステリの枠組みの中で活かしきった秀作であり、歴代受賞作の中でも屈指の完成度を誇る本格ミステリ!……続きを読む

エントリー作品⑤塩田武士『騙し絵の牙』

書籍:騙し絵の牙
塩田武士KADOKAWA
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/254365/

ピックアップ書評(totarolさん)

出版業界を描く塩田武士の真骨頂……続きを読む

ピックアップ書評(日月さん)

大泉洋あてがき、出版界の陰、騙し絵の意味 『騙し絵の牙』……続きを読む

エントリー作品⑥原田マハ『たゆたえども沈まず』

書籍:『たゆたえども沈まず』
原田マハ幻冬舎
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/256868/

ピックアップ書評(夏の雨さん)

原田マハがゴッホを書いたとなると読まずにいられない……続きを読む

ピックアップ書評(Kuraraさん)

日本美術とゴッホの作品が寄り添っていた時代……続きを読む

残りの4作もご紹介していきますので、お楽しみに!

本の感想は、本が好き!へ投稿してみてくださいね。
会員登録はこちらから。

シェアする

フォローする