有名なあの作家たちは東京でどう過ごしたのか。 岡崎武志『ここが私の東京』をご恵贈いただきました!

シェアする

献本のご応募はコチラ

佐藤泰志や庄野潤三、開高健、藤子不二雄Ⓐなどの作家や、友部正人や松任谷由実などのミュージシャンなど、有名人が過去、東京に上京してきたときにどうやって過ごしたか。暮らした街での記録を紐解きながら当時の東京を紡ぐ。

記録でありながらも、どこか著者の私小説風に読めるのは、著者がそれぞれの地域に足を運んだからか。

文学好き、東京好き、本好きであれば間違いない1冊です!

ご応募、お待ちしております!

***

以下、【出版社/編集者/著者からのメッセージ】と本書の概要です。

【出版社/編集者/著者からのメッセージ】

二〇一二年十月に出した『上京する文學 漱石から春樹まで』(新日本出版社)の続編のつもりで書き始めた連載が本書にまとまった。
だから連載時には「続・上京する文學」と副題がついていた。近現代の文学者だけに的を絞った前著と違い、ここでは漫画家(藤子不二雄Ⓐ)、ミュージシャン(友部正人、松任谷由実)も加えた。(中略)私の中ではこれから先も「上京者」は、ずっと続いていくテー
マとなりそうだ。(「あとがき」より)

【どのような方におすすめか】

岡崎武志ファンのみならず、すべての「上京」してきた人に

古本めぐり40年の著者が、本と街を歩いて辿った作家たちの上京物語

【概要】

佐藤泰志、出久根達郎、庄野潤三、開高健、藤子不二雄Ⓐ、松任谷由実……。作家たちはどんな思いで東京を目指したのか。作家たちの原点が読み解ける、新しい上京&作家論。

【目次】

佐藤泰志 報われぬ東京/出久根達郎の月島/庄野潤三 石神井、そして生田/司修の赤羽モンマルトル/開高健を包み込まなかった東京/一九七一年・阿佐ヶ谷・一本道 友部正人/川を二本超えたら自分に戻る八王子 松任谷由実、他

【書誌情報】

著者: 岡崎武志(著者の本はこちら
出版社: 扶桑社
価格: 本体1600円+税
頁数: 247P
発売日: 2016年04月15日
ISBN: 9784594074531

献本のご応募はコチラ

シェアする

フォローする