翻訳者と話そう×本が好き! 翻訳家・和爾桃子の世界 第二回 密室の巨匠・ジョン・ディクスン・カー「アンリ・バンコランシリーズ」

シェアする

ジョン・ディクスン・カー「バンコランシリーズ」や白水Uブックスのサキ四部作など、翻訳家としてご活躍されている和爾桃子(わに ももこ)さんが、2018年3月3日、梅田蔦屋書店のトークイベント「翻訳者と話そう」に登場されます。

◆トークイベント「翻訳者と話そう 和爾桃子先生」
2018年3月3日(土)19:00〜 (開場18:30)
参加費 1,000円
会場:梅田 蔦屋書店 会議室Shimei(大阪府大阪市北区梅田3−1−3 ルクア イーレ)

ご予約は、梅田蔦屋書店さんのホームページから受付中です。関西方面にお住まいの方、この機会にぜひお運びください!
http://real.tsite.jp/umeda/event/2018/01/post-478.html
mail: umeda_event@ccc.co.jpinfo@sioribi.jp

「翻訳者と話そう」は、翻訳家が自身が訳した本について語るというなんとも、魅力的なトークイベント。

■訳者のことばで読む

海外翻訳ファンも多い、本が好き!に向けて、和爾さん自身がこれまでに手掛けられた作品について、作品世界の魅力をご紹介いただきました。

第二回は、アンリ・バンコランシリーズにみる【国際派凝り性の若書き】

ジョン・ディクスン・カー「アンリ・バンコランシリーズ」

海外ミステリー作家として人気の高い、ジョン・ディクスン・カー。その著作のほとんどが翻訳されており、「密室殺人といえばカー」と言われるほど、密室ミステリーを得意としました。そのカーの長編デビー作『夜歩く』を含む、初期の作品に登場するのが、探偵アンリ・バンコランです。

 パリ警視庁予審判事バンコランは、貴族的な古典的美貌と知力兼備のダンディ。悪魔呼ばわりされる非情ぶりも、超美貌の天才だからこそのキャラ設定ですね。「ただしイケメンに限る」は永遠の真実です。初期のカーはとにかくチャレンジ精神とサービス精神旺盛。文章もトリックも凝りすぎるほど凝り、舞台は爛熟と頽廃のパリ。山田風太郎好きなら、楽しめることうけあいです。(和爾)

『夜歩く【新訳版】』(東京創元社)

『絞首台の謎』(東京創元社)

『蝋人形館の殺人』(東京創元社)

『髑髏城』(東京創元社)

 第一巻『夜歩く』冒頭の擬古文はずばり「パリの百鬼夜行」。訳しながらパリの凱旋門と京の羅生門のイメージが重なりました。続く『絞首台の謎』では舞台をロンドンに移して、スコットランドヤードと知恵比べです。第三巻『蝋人形館の殺人』は再びパリ。仄暗い館に蝋人形と死体が同居する令嬢殺害事件。第四作『髑髏城』ではライン河畔の奇城に招かれ、ベルリン警察と対峙。第二次世界大戦前夜の多大な賠償にあえぐドイツと、英米仏との緊張関係も随所にうかがえます。
(和爾)

最終巻『四つの凶器』が2018年秋に刊行予定とのこと!
新訳版でよみがえる、バンコランシリーズの完結編、今から楽しみです。

次回、第三回は、「歴史はおいしい(たまに臭い)」と題して、ポール・ドハティ、ジェイソン・グッドウィン、アンドレア・ペンローズ、ジャクリーン・ケアリーの著書をご紹介します。

■翻訳者・和爾桃子さんへの質問を募集します!

作品について、登場人物や背景について、和爾さん自身について、はたまた翻訳者というお仕事について、和爾さんに聞いてみたいことをホンノワ(掲示板)で募集します!

和爾桃子さんへの質問箱

※いただいた質問は編集部から和爾さんへお渡しし、当日のトークイベントで取り上げていただく予定です

締切は【2/14(水)23:59まで】

ご投稿、お待ちしています!

■和爾桃子さんプロフィール


英米翻訳家。六歳から十八歳まで、青木正児門下の個人教授に和漢古典の手ほどきを受ける。慶応義塾大学文学部中退。

主な訳書:白水Uブックス・サキ全四巻(白水社)、リアーン・モリアーティ『ささやかで大きな嘘』、ジョン・ディクスン・カー「バンコランシリーズ」、キャサリン・アディスン『エルフ皇帝の後継者』(以上、東京創元社)、バリー・ヒューガート「鳥姫伝三部作」、ロバート・ファン・ヒューリック「狄判事シリーズ」、ポール・ドハティ『白薔薇と鎖』『教会の悪魔』、ジェイソン・グッドウィン『イスタンブールの群狼』『イスタンブールの毒蛇』、
ジョー・ウォルトン『ドラゴンがいっぱい!』、ジャクリーン・ケアリー「クシエルシリーズ」、クリスティン・カショア『剣姫』、ピーター・V・ブレット「護られし者三部作」、ローレン・ビュークス『ZOO CITY』(以上、早川書房)アンドレア・ペンローズ『スペシャリテには罠をひとさじ』(ヴィレッジブックス)、共訳『ナツメグの味』(河出書房新社)など。

■関連記事
翻訳者と話そう×本が好き! 翻訳家・和爾桃子の世界 第一回東洋文化に魅せられた作家、バリー・ヒューガードとロバート・ファン・ヒューリック

■リンク
藤原編集室

・梅田 蔦屋書店イベントページ「翻訳者と話そう 和爾桃子先生」

シェアする

フォローする