【2018春のやまねこ祭!】「歴史好きのあなたにお薦めのやまねこ本」をまとめてみました!(2018.3.20更新)

シェアする

オンライン読書会・ホンノワで絶賛開催中の「2018春のやまねこ祭!」。先日、企画のひとつ「読んでみたくなる!やまねこキャッチコピーコンテスト」のまとめを作りました。

加えて”そうは言ってもどれがやまねこ本か分からない!”といった方のために「歴史好きのあなたにお薦めのやまねこ本」をまとめました!

「歴史好きのあなたにお薦めのやまねこ本」リスト(2018.3.20更新)

著者 訳者 タイトル
リチャード・プラット 長友恵子 中世の城日誌―少年トビアス、小姓になる
リチャード・プラット、クリス・リデル 長友恵子 海賊日誌〜少年ジェイク、帆船に乗る
キャスリーンクルル 宮坂宏美 なぜカツラは大きくなったのか?―髪型の歴史えほん
アンドルー・F.スミス 手嶋由美子 砂糖の歴史 (「食」の図書館)
ロバートトランブル 吉井知代子 キノコ雲に追われて―二重被爆者9人の証言
レナード・S.マーカス 前沢明枝、おおつかのりこ、児玉敦子 アメリカ児童文学の歴史: 300年の出版文化史

2018春のやまねこ祭!の「読んでみたくなる!やまねこキャッチコピーコンテスト」は4/14まで募集中!

追加され次第、更新していきたいと思います。

ぜひ投稿してみてくださいね。
2018春のやまねこ祭!に参加する

レビューは、本が好き!へ投稿してみてくださいね。
会員登録はこちらから。

関連記事

シェアする

フォローする