「小説X」タイトル募集!~あなたのつけたタイトルが本になる!~【PR】

シェアする

こんにちは! 本が好き!編集部の和氣です!

読者の皆さんは本を買うとき何を参考にしていますか?

装丁、評判、書評……いろいろあるかと思いますがタイトルで決める方も多いかと思います。

『君の膵臓を食べたい』など印象的なタイトルは少なからず本の売れ行きに関わるもの。そんな大事なタイトルを「読者に決めて欲しい!」という衝撃的な企画が小学館さんから届きました。

対象は本が好き!にも書評がいくつもある作家・蘇部健一さんの小説です。

編集部も本人も認める最高傑作の短編「小説X」をなんと全文公開!

読んでいただいて「ぜったいにヒットするタイトルを考えて欲しい!」という依頼です。

読むだけでなく、タイトルという一部でも作品づくりに関われるまたとないチャンスです! ぜひご応募お待ちしています!
「小説X」のタイトルに応募する
熱いメッセージが小学館編集部より届いていますので、こちらもご一読ください!

蘇部健一さんの最高傑作とも言える小説が編集部に届きました。
面白すぎて、1時間で一気に読み終えました。そして衝撃の結末に言葉も出ませんでした。
どうしてもこの小説の存在をみなさんに知って欲しいのです。

時給1000円の牛丼屋のバイトに日々追われながら、それでも創作の心だけは忘れなかった蘇部さん。
最後に作品を刊行してから、すでに4年が経過。
こうなってしまうと、小説家と名乗っていいのかと、ご本人も自信をなくしています。

編集者も蘇部さんも背水の陣で挑みます。

絶対売りたい!
売れるタイトルをみなさんで考えてください。
11月17日から3週間、全文を無料で公開します。
1月12日から電子書店で500円で売られる予定の小説が、今なら無料で読めます。

タイトルは、本の命です。
書店で目立つような、つい検索したくなるような、つい読みたくなるような
そんなタイトルをお願いします。
一人の小説家を救うのは、あなたのつけたタイトルかもしれない。
最高のタイトルをつけたくださった方に5万円を差し上げます。

無料全文公開とタイトルのご応募は、以下から
「小説X」のタイトルに応募する

シェアする

フォローする