~ビンテージ、そこには(マンガ)愛がある~

シェアする

本が好き!全会員なら応募OK!復刻名作漫画の献本レビュアー大募集!!第2weekはこの本だっ!

こんにちは♪本が好き!献本担当のKOです。モンブランが最高に美味しいです。
ああ、ダイエットはもう無理…。

さてさて・・・。
前週から始まった小学館クリエイティブのビンテージ本企画。
みなさん、オンライン読書会をご覧いただきましたか?
早速たくさんのコメントを頂戴しました。
きゃっ、嬉しい。みなさん、アツアツコメントです。
第1weekもまだまだ応募&コメントできますよ。
 
→第1weekの応募エントリーはこちらから!
     「少年」完全版グランプリ野郎 限定版BOX (復刻名作漫画シリーズ) 横山光輝 著 (¥7,980) 
      貸本版 鬼太郎夜話 完全復刻版BOX / 水木しげる 著 (¥8,610) 

第2weekも第1weekと同様に、できるだけ多くの皆さんに参加していただけるよう、
本が好き!の「ホンノワ-オンライン読書会」上から、エントリーしていただく形式でレビュアー募集をします。
本が好き!の会員さんであれば級は問いません。4級の方も応募できます!!

4週連続~ビンテージ、そこには(マンガ)愛がある~を2011年10月18日より、
約1ヶ月間にわたって「小学館クリエイティブ本 2冊ずつレビュアー募集」を行っていきます。
今週は第2週目です。
是非、ガンガン応募お願いいたします!!!

<応募方法>
各読書会ページのコメント欄に応募の意思と意気込みコメントを投稿するだけでエントリーは完了!
コメントを参考の上、各タイトルにつきレビュアー1名を決定いたします。

<応募締め切り>
ホンノワ-オンライン読書会」に掲載されてから2週間です。
 例)2011年10月25日ホンノワ‐オンライン読書会掲載 →締め切り2011年11月8日

<エントリー紹介>

『源とツグミ/ 白土三平・赤目プロ 著 (¥6,300)』
http://www.honzuki.jp/bookclub/theme/no56/index.html

漫画家の高橋留美子が「少年サンデー」史上最も心に残る作品だと公言した作品。
4人の浮浪児らの放浪記だが、管理社会への鋭い批判が込められている。
白土夫人である原作の李春子がこどもたちの世界を理解しない母親が増えたとし、
「過保護のわがまま姫のようなこどもではなく、源たちのような元気な子にしてほしい」と述べたという。
別冊付録に初復刻の幻のオールカラー「絵物語・サスケ」付き。
源とツグミのエントリーはこちら!

『サンダーボーイ 限定BOX / 横山光輝 著 (¥5,460)』
http://www.honzuki.jp/book/book/no183025/index.html

ヒューマノイド・ロボット「サンダーボーイ」を狙う悪人たちと健児親子がサンダーボーイを操り挑戦する物語。
ヒューマノイドといえば手塚治虫氏の自分の意志をもって動く「鉄腕アトム」が代表的だが、
本作では主人公健児そっくりのロボットが、健児少年の脳波にだけ感応し、コントロールされる。
落雷が動力源だったいうのも驚きだ。横山の未来的な発想が当時の少年たちを大変新鮮だった。
付録は「消えた少年」は東雲出版からでていた学習雑誌「科学グループ5年生」で別冊付録として連載されたもの。
この雑誌は書店売りのものではなく、学校や塾などへ販売されていたという。初めて読む人も多いかも。
サンダーボーイのエントリーはこちら!


はぁはぁ・・・。
凄いですね。今度は瞳孔がひらいちゃいました。周りからみるとアブナイ人に見えることでしょう。
こんな凄いビンテージ本、手に入りませんよ。

そうそう。
「応募はしないけどこの本について語りたい!」という場合もご自由にコメントをどうぞ。
我こそ!と熱気をこもった立候補、蘊蓄を語りたいあなた。
オンライン読書会で受け付けています!!
まってるよ~~~。

小学館クリエイティブさんのHPはこちら!
白土三平のデビュー作は・・・?
横山光輝といったら鉄人・・・?

シェアする

フォローする