【献本情報】ミニッツブックから『モーリーの「知的サバイバル」セミナー』シリーズ2タイトル!

シェアする

モーリー・ロバートソンをご存知ですか?
日米双方の教育を受けた後、1981年に東京大学に現役合格。(日本語で受験したアメリカ人として初)。
なんと東大と同時にハーバード大学、MIT、スタンフォード大学、UCバークレー、プリンストン大学、エール大学にも合格。
ジャーナリスト?アーティスト?DJ?ラジオパーソナリティー?

天才、と言われるとこの手の方は逆に不満顔だったりしますが、まぁ天才でしょうね。

そんなモーリーさんが、変わりゆく世界と自分たちの未来に対し漠然とした不安を感じる日本人に送る、
自分らしく生きるためのセミナー。
それが『知的サバイバルセミナー』です。

-----募集タイトル【1】-----
モーリーの「知的サバイバル」セミナー 第1回 知識×直感=しなやかな強さ
モーリーの「知的サバイバル」セミナー 第1回

モーリー・ロバートソン 著

「世界の見方」教えます――。
今、多くの日本人が、変わりゆく世界と自分たちの未来に対し漠然とした不安を感じています。不安の解消法は「知る」こと。しかし、加速度的に変化する国際情勢を理解し、自分らしく生き抜くためには知識だけでは不十分。
全6回のシリーズ第1弾は、世界のフェミニズムの進化に見るネット・グローバル時代の可能性と複雑さ。
「知的なサバイバル術」を身につけ、チャンスとリスクが混在する新しい世界で冒険してみませんか?

応募はコチラから
------------------

-----募集タイトル【2】-----
モーリーの「知的サバイバル」セミナー 番外編01 学生との対話「プランBを持って世界へ!」
モーリーの「知的サバイバル」セミナー 番外編01

モーリー・ロバートソン 著

いいニュースと悪いニュースがある。いいニュースは世界と日本を隔てる壁が低くなり、いつでも外に飛び出せるようになったこと。悪いニュースは、その壁の向こうから新たな競争相手が次々とやってくること――(本文より)。
10代の兄妹とのプライベートな対話から、世界と日本の境界線に立つ者だけが知る厳しい現実と未来への希望が見えた!
グローバルの波に乗るのも、飲み込まれるのも自分次第。どうせなら今をチャンスと捉えて、新しい時代を自分なりに生き抜いてほしい。「プランB」こそ、どんな世界でも生き抜くために必要な、知的なサバイバル術! 国際ジャーナリスト、ミュージシャンとして活躍する著者から、若者に向けられたメッセージ。

応募はコチラから
------------------

短くても読みごたえしっかりのミニッツブック。
充実のコンテンツ。ぜひ御覧ください。
ミニッツブック公式ホームページ

※今回は電子書籍システムYONDEMILL(ヨンデミル)の献本です。
電子書籍ですが専用の端末やアプリは無くてもだいじょうぶ。WEBブラウザさえあればパソコンでもスマホでもタブレットでも読めるようになっております。
http://yondemill.jp
先日のお知らせもご確認ください。


------------------
■申し込み方法
上記の各書籍ページから、通常の献本と同じように抽選に応募してください。

■申し込み条件
・本が好き!会員で3級以上の方
・YONDEMILL電子書籍を読めるブラウザを用意できる方(※)
※環境についてはこちら
下記の立ち読みを開いていただいて問題なく読めれば大丈夫です。
最強ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」日本上陸! 日本版の編集長が語る「売れるWebメディア」の作り方

■当選者の発表
通常の献本と同様に当選者に通知させていただきます。
また、当選者にはメールにて受け取り方法の連絡をいたしますので、
本が好き!からのメールを受け取れるようにしておいてください。

---
本が好き!編集部
おがた

シェアする

フォローする