「本が好き!」週間人気書評ランキングTOP10(8/28~9/2)

シェアする

こんにちは!
今週の書評ランキングをお知らせいたします。
※都合により、今週は集計日を一日短くさせていただいております。ご了承ください。



 まずはrook.hnの本棚で一覧をチェック!



 相変わらずの幅広いラインナップとなっています!


それでは、入選書評の紹介です!

1位
アルハンブラ物語〈上〉
書籍:アルハンブラ物語〈上〉
(W.アーヴィング/岩波書店)
レビュアー:Wings to flyさん 

『アルハンブラ宮殿の名を一躍世界に広めた、伝説とロマンスに彩られた旅行記。』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/20082/review/126233/
  
調べたら、すごく綺麗ですね、アルハンブラ宮殿!
—————————

2位
とびらをあければ魔法の時間 (新・童話の海)
書籍:とびらをあければ魔法の時間 (新・童話の海)
(朽木祥/ポプラ社)
レビュアー:かもめ通信さん 

『残念ながらあのころの私にはわからなかったけれど、いまならわかる気がする“すずめいろどき”。』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/114793/review/126063/
  

コメント欄のホンガスキーズ、続報が気になります!!
—————————

3位
明治・大正・昭和駅弁ラベル大図鑑
書籍:明治・大正・昭和駅弁ラベル大図鑑
(羽島知之/国書刊行会)
レビュアー:Wings to flyさん 

『ラベルデザインが語る庶民の暮らし。「電車では出入口ではなく窓口でお買上を願ひます。」』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/220416/review/126406/
  

広島の「スパイご用心」ラベル、どう用心すればいいのか不明でツボです。
—————————

3位
日本の歴史をよみなおす (全)
書籍:日本の歴史をよみなおす (全)
(網野善彦/筑摩書房)
レビュアー:よみかさん 

『農業中心…なんちゃって。意外に「シマー!」だった日本。』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/34048/review/126412/
  
百姓にかぎらず、表面的に見てしまうのは歴史認識全体に言えることかもしれませんね。この言い方も表面的かもしれません。
—————————

5位
軍艦島30号棟夢幻泡影
書籍:軍艦島30号棟夢幻泡影
(高橋昌嗣/大和書房)
レビュアー:風竜胆さん 

『軍艦島、そこは日本を支え続けてきた夢の跡』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/219891/review/125516/
  
風竜胆さん(のアイコン)がラップ調で歌う姿が目に浮かびました。
—————————

6位
星祭りの町
書籍:星祭りの町
(津村節子/新潮社)
レビュアー:かもめ通信さん 

『10代の女性の眼をとおしてみた戦後のあれこれは、間違いなく、町の歴史、日本の歴史の1ページでもあった。』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/218902/review/126002/
  
大学の友達が住んでいるので、これぜひ教えてあげたい、と思います。
—————————

6位
記憶力を強くする
書籍:記憶力を強くする
(池谷裕二/講談社)
レビュアー:manjyuさん 

『海馬よ!おまえの頑張りが足りないせいで・・・』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/3857/review/126360/
  
鶏頭という言葉、面白いですね。自分も三歩歩けば、、、なので、鶏頭ですね。TT
—————————

8位
フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠
書籍:フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠
(マイケルモス/日経BP社)
レビュアー:有坂汀さん 

『ピュリッツァー賞ジャーナリストの筆者が告発する巨大食品企業の欺瞞とジレンマ…。糖分・脂肪分・塩分がいかに人々の味覚中枢を刺激するということと、その組み合わせは以下に強力かを思い知らされます。』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/219910/review/126348/
  
糖分、脂肪分、塩分。聞くだけで恐ろしいですが、それが美味しさの素なんですね。
—————————

8位
星の王子さま
書籍:星の王子さま
(サン=テグジュペリ/ゴマブックス株式会社)
レビュアー:ちいちいさん 
  
これは、かつて子どもだったことのある、大人の為の童話です。
  
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/3917/review/126174/
 
サン・テグジュベリはなぜか『人間の土地』で入りあえなく挫折したのですが、この書評を読んで読みたくなりました!
—————————

10位
無双の花
書籍:無双の花
(葉室麟/文藝春秋)
レビュアー:はるほんさん 

『西の無双とされる立花宗茂──のやや地味さを上手くカバーした秀逸作品。来年大河の予習にも。』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/219068/review/126356/
  
彼の名は初見でした。。読まねば!
—————————

10位
GO
書籍:GO
(金城一紀/角川書店)
レビュアー:ramsさん 

『ハードでコミカルなラブストーリー』

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/14021/review/125093/
  
恋に出自は関係ない!という(勝手な解釈)ramsさんの読み方はとても素敵で楽しいだろうなあと感じました。
—————————

いかがでしたか?来週もお楽しみに!

編集部 いけだ

シェアする

フォローする