2018年本屋大賞ノミネート作品を読もう!vol.3

シェアする

1月18日に2018年本屋大賞ノミネート作品が発表されました。自分の読んだ本がノミネートされていると、俄然応援モードになります。本屋大賞を知らなくても、これから読む本を探そうという人には「本屋大賞ノミネート作品=全国の書店員がこの1年間に読んだ本のベスト10」という最適なセレクトになっています。ぜひ読んで大賞予想を楽しみましょう。エントリー10作品のうち、6作品を「本が好き!」のレビューとともにご紹介してきましたが、ラスト4作品をご紹介します。

本屋大賞とは

「売り場からベストセラーを生み出す」をコンセプトに2004年にスタートした、書店員による投票で選ばれるコンテスト。第一回では小川洋子の『博士の愛した数式』が大賞を受賞。書店から生まれた試みにメディアでも大きく紹介されました。2006年には同作が映画化され、更なる反響を呼びました。

スタート当初は選考開始までの過去1年間に刊行された日本の小説作品を対象とした「本屋大賞」と、ジャンルを問わず売りたい本を選出する「本屋大賞 発掘部門」の2部門でしたが、2012年から翻訳小説大賞も加わり、504の書店、665人の書店員が参加する、一大イベントとして知られています。

■本屋大賞ホームページ https://www.hontai.or.jp/index.html

エントリー作品⑦柚月裕子『盤上の向日葵』

書籍:『盤上の向日葵』
柚月裕子中央公論新社
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/259646/

ピックアップ書評(たいりょうさん)

著者が明言している通り、「砂の器」の本歌取りのような作品。それでもなお500ページ超の作品を一気に読ませるのは、著者の確かな筆力と、登場人物達の濃厚なキャラのおかげでしょうか。タイトルが秀逸。……続きを読む

ピックアップ書評(さん)

柚月さんの結構重たい小説でしたが、かなり読み応えがありました。大河ドラマを読んでいるみたいでした。……続きを読む

エントリー作品⑧村山早紀『百貨の魔法』

書籍:『百貨の魔法』
村山早紀ポプラ社
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/255213/

ピックアップ書評(ぽーるばにやんさん)

こんな百貨店があるなら是非行きたい。サービス業の真髄であり、心暖まるお話。……続きを読む

ピックアップ書評(タカラ~ムさん)

人はなにかを失う。家族、親友、そして夢。でも、何かを失くしたことで見つかるものがある。それはきっと、星野百貨店にある。……続きを読む

エントリー作品⑨今村夏子『星の子』

書籍:『星の子』
今村夏子朝日新聞出版
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/250924/

ピックアップ書評(Wings to flyさん)

世界の広さに気づいた子がいて、子の巣立ちを予感する親がいる。普通ではない家庭が舞台だからこそ、親子愛の普遍性と温もりが心に残る。……続きを読む

ピックアップ書評(Kuraraさん)

「来た!この不穏な空気!」 確実にこのムードにハマっています。……続きを読む

エントリー作品⑩知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』

書籍:『崩れる脳を抱きしめて』
知念実希人実業之日本社
書籍詳細URL:http://www.honzuki.jp/book/260818/

最後のエントリー作はレビューがまだありません。ぜひ読んで、最初のレビューを投稿してください。

果たしてどの作品が栄冠に輝くのか。大賞発表は4月10日です。いずれも実力ある作品ばかりで結果が読めません。受賞予測を楽しみましょう。

本の感想は、本が好き!へ投稿してみてくださいね。
会員登録はこちらから。

■関連記事
2018年本屋大賞ノミネート作品を読もう!vol.1
2018年本屋大賞ノミネート作品を読もう!vol.2

シェアする

フォローする