プラネタリウムの解説者はどんなひと? 『星空の演出家たち 世界最大のプラネタリウム物語』をご恵贈いただきました!

シェアする


献本のご応募はコチラ

星空ってワクワクしますよね。子供時代にワクワクしながら観たプラネタリウム。空間の素晴らしさはもちろん、解説も星空の魅了を引き出してくれて。今でもぼくが宇宙好きなのはあのときのプラネタリウムの解説者さんのおかげだと思っております。

さて、本書はそんなプラネタリウムの解説者さんの物語です。舞台は世界最大のプラネタリウム「名古屋市科学館」。歴代2人目で新人解説者の中島亜紗美さんの成長物語とともに科学館の歴史を語ります。あの夢の空間・プラネタリウムがどんな思いで運営されているのか。解説者の物語をお楽しみください。

ご応募、
お待ちしております!

***

以下は、出版社/編集者/著者からのメッセージと書籍の概要です。

ご存じでしたか? 世界最大のプラネタリウムは名古屋にあるんです。

【出版社/編集者/著者からのメッセージ】

SF映画に出てくる宇宙船や巨大ロボットのような、大きな大きな球体が名古屋に現れてはや5年。このプラネタリウムの比類なき魅力を名古屋市内外に発信したいという思いで出版しました。多くの方に読んでほしいです。

【どのような方におすすめか】

天文ファン。天文ガイドの生解説に興味がある人

【概要】

名古屋市科学館のプラネタリウムは、50分間台本なしの生解説がアピールポイント。1962年の開館以来、「名古屋流」対話式の解説にこだわり続けてきた解説者たちの歴史と世界最大の35mドームとしてギネス記録されるまでの3年間のリニューアル工事の記録。季節の星空ガイドなど、解説者7人の書き下ろしコラムも収録している。

【目次】

第1章 プラネタリウムの新人研修 第2章 秋の日はつるべ落とし 第3章 科学館の」子どもたち 第4章 限りなく本物に近い星空を目指して 第5章 理想のプラネタリウムを現実のものに 第6章 いつも変わらぬ空を

書誌情報

著者: 中日新聞出版部
出版社: 中日新聞社
価格: 1512円
頁数: 192P
発売日: 2016年06月10日
ISBN: 9784806207023

献本のご応募はコチラ

シェアする

フォローする