【イベント開催】7/6(水)に『僕らはソマリアギャングと夢を語る』の編集者・下田理さんのお話を聴く会 〜第一回編集者と語り合う夕べ〜を開始します!

シェアする

参加のご応募はコチラ

昨日、オンライン読書会「ホンノワ」にて事前にお知らせいたしましたが、正式にオープンいたしましたので、あらためてのお知らせです。

英治出版の編集者さんにご担当書籍『僕らはソマリアギャングと夢を語る』についてのお話などを聞く会を開催します!

本書に興味をお持ちの方はもちろん、本づくりに興味がある方、編集者さんにお話を聞いてみたい方などなど、面白い話が聞けると思いますのでぜひご応募ください!

以下、イベント詳細です!

編集者と語り合う夕べ 〜第一回『僕らはソマリアギャングと夢を語る』〜

<イベント概要>

本作りの現場の話を聞きたい。
書評コミュニティサイト「本が好き!」を運営していて、編集者の方々とお話すると、ご自分の担当書籍について熱く語ってくれることが多々あります。著者との裏話はもちろん、書籍には掲載できなかったトピック、装丁へのコダワリ、出版に至るまでなどなど。聞いていてこちらまで熱くなってきたりして。

そんな編集者の情熱を直接読者の皆さんと共有したい!

そこで、編集者と語り合う夕べと題して、半分トークイベント・半分読書会のようなイベントを開催します。

今回お招きしたのは5月に発売されたばかりの新刊『僕らはソマリアギャングと夢を語る』の編集者・下田理さん。

本書と初めて出会ったのはSNSです。「ソマリア海賊」という言葉は聞いたことがありましたが、ソマリアギャングというのは初めての言葉でした。調べてみると「世界最悪の紛争問題」と言われているようでこんなにも大変なことになっているのかと初めて知りました。本書を読んでみると自分とあまり年齢の違わない著者が問題に立ち向かうために「すごい」としか言えないようなことをしている。こんなに「すごい」ことを取り上げた本をつくることになった経緯や著者との出会いなど、とても聞きたくなり、本書を選びました。

前半パートでは、著者との出会いや出版までのエピソードなど本づくりに対する情熱をお話いただき、後半パートでは本書についての質問や感想、または編集など本作りについての質問など「本作り」をキーワードに語り合う場(読書会)にいたします。

編集など出版に興味がある方はもちろん本書のテーマである平和や紛争問題に興味のある方など多くのご参加をお待ちしております!

<イベント詳細>
【登壇者】
話し手:下田理(英治出版株式会社 プロデューサー 『僕らはソマリアギャングと夢を語る』担当編集者)
聞き手:和氣正幸(書評でつながる読書コミュニティ 本が好き!運営担当者)

【開催日時】7月6日(水)19:30〜21:30(19:00開場)
【場所】EIJI PRESS Lab(東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F)

【参加費】
①2,500円(参加・軽食・書籍送付) 6/27(火)〆切
②1,000円(参加・軽食)
※ ①2,500円(参加・軽食・書籍送付)にお申し込みされた方には英治出版より書籍『僕らはソマリアギャングと夢を語る』をお送りいたします。
※ ①2,500円(参加・軽食・書籍送付)につきましては、お申し込みの〆切を6/27(火)とさせていただきます。

【備考】
・『僕らはソマリアギャングと夢を語る』をお読みいただかなくても参加はできますが、読まれていた方がより本イベントを楽しめますので、ぜひご一読してからご参加ください。
・本イベントは「書評でつながる読書コミュニティ 本が好き!」による開催となっております。本書をお読みになった方は、書評のご投稿をいただければ、イベント開催前後でも本書を通した交流を行えますので、お勧めです。

【企画】
書評でつながる読書コミュニティ 本が好き!:http://www.honzuki.jp/
英治出版株式会社:http://www.eijipress.co.jp/

参加のご応募はコチラ

シェアする

フォローする