これぞ書評だ! 〜本日の書評ピックアップ!〜

シェアする

こんにちは! 本が好き!編集部の和氣です!

タイトルでは飛ばしましたが、すいません。書評がどういうものかというのを厳密には分からず。

ですが、本日、取り上げるアナログ純文さんの書評は、梶井基次郎作品『檸檬』を評価しておりまして、これが「書評」というものなのではないか、と感じたのです。

小説のほとんどすべてに疲労倦怠の影が見えます。現実に自らの肉体の滅びを見つめていた筆者の精神が少しずつ傷ついていたことは容易に想像がつきます。しかし梶井は、決してそれを創作態度に持ち込みませんでした。

ぜひご一読いただくとぼくの書いている意味がよくお分かりになるかと思います。

凄いよ! アナログ純文さん

ではまたあした〜

シェアする

フォローする