「本が好き!」週間人気書評ランキングTOP10(5/1~5/7)

シェアする

「何を価値があると考えるかは、何をするかより重要なことなんだ。」byフォークナー
書評は価値観の表現です。書評で、たくさんの人の「価値観」に触れてみてください!


今週のウィークリーランキング!

1位
新装版 赤い人
書籍:新装版 赤い人
(吉村昭/講談社)
レビュアー:はるほんさん 
“富国強兵への豊かな物資を求め、
蝦夷を開拓すべしと、政府は「開拓使10年計画」を決定する。”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/216794/review/120570/
  

こうした出来事の実像をつかむこと。本を読むことの意義であるように感じます。
—————————

2位
醤油手帖
書籍:醤油手帖
(杉村啓/河出書房新社)
レビュアー:Wings to flyさん 
“君は日本の五大醤油を全部言えるか?”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/216784/review/120759/
  

一つしかわかりませんでした、、、答えはWings to flyさんの書評でチェック!
—————————

3位
抑圧された記憶の神話―偽りの性的虐待の記憶をめぐって
書籍:抑圧された記憶の神話―偽りの性的虐待の記憶をめぐって
(E.F.ロフタス、K.ケッチャム/誠信書房)
レビュアー:ぽんきちさん 

“作り出された記憶との闘い”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/110955/review/120540/

記憶が正しいと、自信を持って言えますか?
—————————

4位
まろ、ん?―大掴源氏物語
書籍:まろ、ん?―大掴源氏物語
(小泉吉宏/幻冬舎)
レビュアー:かもめ通信さん 

“「まろんですか…??」
「そうなんですよ。光源氏が栗らしいです。」
「………。」”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/99687/review/120351/
  
・・ ・・
まろとマロン!
—————————

4位
とことん!  - とんかつ道
書籍:とことん! – とんかつ道
(今柊二/中央公論新社)
レビュアー:ikuttiさん 
  
“今日はとんかつ気分♪”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/213346/review/120552/
   
とんかつ気分♪
—————————

4位
ヴァン・ゴッホ・カフェ
書籍:ヴァン・ゴッホ・カフェ
(シンシアライラント/偕成社)
レビュアー:Kuraraさん 
  
“「ちょっといいカフェを見つけちゃったな」というような
小さな幸せが感じられる話”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/7903/review/120521/
   
コーヒーも本も、人をほっとさせますよね。
—————————
7位
トウシューズはピンクだけ
書籍:トウシューズはピンクだけ
(レスリーメイヤー/東京創元社)
レビュアー:風竜胆さん 
  
“アメリカの司法制度は恐ろしい?”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/564/review/120556/
  

 表紙の明るさと裏腹に、社会の闇をついた作品と言えそうですね。
—————————

8位
カミングアウト
書籍:カミングアウト
(高殿円/徳間書店)
レビュアー:たけぞうさん 
  
“ほら言っちゃえよ。人生変わるぜ。”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/205463/review/103443/

じ、じつは、、、ハッ!
—————————
9位
離婚男子
書籍:離婚男子
(中場利一/光文社)
レビュアー:chiezoさん 

“そもそも単なる夫婦喧嘩だけでは妻の行動は説明が付かない。
そこに妻の秘密が隠されてて、この荒くれ夫婦が元の鞘に納まれるのかがミドコロ。”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/216074/review/120141/
  

◯◯男子なんてのはいろいろありますが離婚男子とは、、、
—————————
9位
八十八夜
書籍:八十八夜
(太宰治/)
レビュアー:ikuttiさん 

“醜態の男、糞リアリズム、奈落の底”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/216805/review/120589/

これぞ太宰治。
—————————

9位
巻一 (源氏物語)
書籍:巻一 (源氏物語)
(瀬戸内寂聴/講談社)
レビュアー:かもめ通信さん 

“瀬戸内寂聴の現代語訳は、口数多く、おしゃべりな印象か。”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/216605/review/120241/

語りに着目したレビューに感服です。
—————————

9位
窯変 源氏物語〈1〉
書籍:窯変 源氏物語〈1〉
(橋本治/中央公論社)
レビュアー:かもめ通信さん 

“そうこの窯変源氏物語は光源氏その人が語る物語なのです。”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/59904/review/120401/
  

主人公自身で語られる源氏物語とはどんなものなのでしょう。
—————————
9位
弁当男子
書籍:弁当男子
(池田將友/PHP研究所)
レビュアー:junocoさん 
  
“それはきっとそのお弁当が世界でただ一つの私のためだけに作られたお弁当だから。”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/211448/review/115400/

お弁当づくりが好きな男性のお話ではありません。
—————————

9位
注文の多い注文書 (単行本)
書籍:注文の多い注文書 (単行本)
(小川洋子、クラフトエヴィング商會/筑摩書房)
レビュアー:たけぞうさん 

“小川洋子さん×クラフト・エヴィング商會さんの夢のコラボ企画。”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/214094/review/118221/

本の楽しみ方が広がる、本。
—————————

9位
写真で見る ヒトラー政権下の人びとと日常
書籍:写真で見る ヒトラー政権下の人びとと日常
(マシュー・セリグマン、ジョン・ダヴィソン、ジョン・マクドナルド/原書房)
レビュアー:ぽんきちさん 

“ナチスドイツ政権下の人々の暮らしを多数の写真とともに概観した本。”
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/36482/review/120752/
  
ナチスは知っている。ナチスの下に生きた人々のことは、何もわからない。もっと知らなければならないと感じます。
—————————

来週もお楽しみに!

シェアする

フォローする