『ある作為の世界』『アンニョン、エレナ』『おとなの釜山 歴史の迷宮へ』『炭坑の絵師 山本作兵衛』をご恵贈いただいた書肆侃侃房ってどんな出版社?

シェアする

こんにちは! 本が好き!編集部の和氣です。

本日から書肆侃侃房様より4タイトルもの書籍をご恵贈いただき献本キャンペーンをさせていただいておりますが、皆さん、書肆侃侃房ってどんな出版社かご存知でしょうか?

書肆侃侃房は福岡を中心に活動する出版社で、分かりやすいところですと、第155回芥川賞候補になった今村夏子『あひる』などが掲載された文学ムック『たべるのがおそい』や、木下龍也『きみを嫌いな奴はクズだよ』といった短歌、そのほかたくさんの種類の本を出されています。

本が好き!にもたくさんの書評がございます!
そんな書肆侃侃房様から今回いただいた書籍が今回の4冊なのです。一気に4冊もの書籍をご恵贈いただくとはなんと光栄な……!! と思い、出版社の方に聞いてみたところ……

書肆侃侃房を知っている方にもそして知らない方にもぜひ読んでもらいたい本を今回まとめて出しています。これらの本をきっかけに、書肆侃侃房に興味を持ってもらえたらうれしいです。あっ、書肆侃侃房は、「しょしかんかんぼう」と読みます。福岡の出版社です。みなさん、よろしくお願いします!

とのこと。嬉しいですね!!

この機会に書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)の書籍をぜひ読んでみませんか?

ご応募、お待ちしております!!

献本に応募する

シェアする

フォローする