ついつい振り回されてしまう感情とうまく付き合うための処方箋 『人間はたまねぎ – 自分の心の取扱説明書をつくろう! -』をご恵贈いただきました!

シェアする

献本のご応募はコチラ

忙しい毎日。ついつい感情的になってしまうことってありますよね? 「こんなとき感情をコントロールできたら……」と思いますが、著者は感情は理性の下にあるものではなく、コントロールというよりはうまく付き合って使いこなすことが大事であると書きます。

「哲学カフェ」を主宰する著者が語る。人間の感情の正体とは玉ねぎだった!?

最近、イライラしているなあ……と思っている方にこそ読んで欲しい1冊です!

***

以下、【出版社/編集者/著者からのメッセージ】と書籍概要です。

【概要】

私の敵は、“私”でした。
一番身近なのに、知らないことだらけだった自分を見つけ出す方法。
私たちは毎日嬉しかったり、悲しかったり、
ムカついたり、楽しかったり、さまざまな気持ちを抱きます。
これらを決定づけているのが、私たちの中にある7つの感情
達成感/義務感/罪悪感/親近感/嫌悪感/劣等感/幸福感です。

私たちはこの7つの感情を、皮のように身にまとって生きています。
まるで、たまねぎのように……。

本書では、その皮を1枚ずつ
丁寧に剥がすように、感情たちの本質を解き明かしていきます。
7枚の皮を剥がし終えた時、あなたは感情を使いこなし、
甘くて辛いたまねぎのように、
味わい深い人生を手に入れることでしょう。

累計80万部を超え、
京大→商社マン→フリーター→公務員→哲学者という異色の経歴をもつ著者が、
わかりやすく、おもしろく、7つの感情の皮を剥がす旅へとご案内します。

この本を読み終えれば、あなたはもう他の自己啓発本を必要としなくなるはずです。

【目次】

1章 達成感の皮
2章 義務感の皮
3章 罪悪感の皮
4章 親近感の皮
5章 嫌悪感の皮
6章 劣等感の皮
7章 幸福感の皮

献本のご応募はコチラ

シェアする

フォローする