【本が好き!】書評数が6万件を超えました!

シェアする

本が好き!をご利用のみなさま

さる8月1日、本が好き!の書評数が6万件に到達しました。

ひとこと書評と長文書評を合わせた数字ですが、全体の約7割が長文書評でした。

その長文書評の中には感動的な文章や面白い文章が少なからず含まれており、

「本が好き!」の素晴らしい特徴だと思います。

ちなみに記念すべき6万件目は、michakoさんの「ぬばたま」の書評でした。

http://www.honzuki.jp/book/status/no78840/index.html

さらに、歴代書籍ランキングも算出しました。

現在の本が好き!ランキングは、書評へのコメント数と投票数を元に、「盛り上がっている書評、盛り上がっている書籍は何か?」という考え方で計算しています。

その方法で調べた結果は…ジャーン!

1位.『ザリガニのかいかたそだてかた (かいかたそだてかたずかん)』ー 639p

2位.『舟を編む』-437p

3位.『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』ー413p

4位.『双頭のバビロン』ー389p

5位.『ゆうわく学生寮』ー375p

6位.『たかが英語!』ー349p

7位.『KAGEROU』-299p

8位.『告白』ー288p

9位.『第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)』ー254p

10位.『開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―』ー235p

(8月2日調査)

というわけで、過去6万件の書評が投稿された結果、一番盛り上がった書籍は

『ザリガニのかいかたそだてかた (かいかたそだてかたずかん)』という、

いかにも本が好き!らしい結果となりました(笑)。

今後、ぽんきちさんのザリガニ飼育日記を超える書評(?)が現れるのか?

とうのも、非常に気になるところではあります。

http://www.honzuki.jp/book/status/no61755/index.html

2位の『舟を編む』は今年の本屋大賞受賞作で、現在43本の書評が書かれています。

3位の『ビブリア古書堂の事件手帖』は人気ライトノベルで書評数は54本。

4位の『双頭のバビロン』は書評数は8本ですが、コメント欄が盛り上がっていて、

こちらも本が好き!ならではと言えるでしょう。

5位は、某免許皆伝レビュアーさんのお仕事です(後はお察しください)。

そのほかにも個性的な本がチラホラとベストセラー本の合間に顔を出しています。

こんな読書コミュニティが、世の中にひとつくらいあってもいいと思います。

いや、むしろ「ベストセラーを読むばかりが読書じゃない」ということを

端的に示すことができたという点において、良かったなと正直に思えます。

これからもベストセラーも、そうでない本もサカナにして

読書とコミュニケーションを楽しんでいってください。

よろしくお願いします!

シェアする

フォローする