「本が好き!」週間人気書評ランキングTOP10(5/15~5/21)

シェアする

今週も文学賞受賞作や新刊、カレー本に合作書評と注目の書評盛りだくさん!

1位
図書室の魔法 上
書籍:図書室の魔法 上
(ジョー・ウォルトン/東京創元社)
レビュアー:かもめ通信さん 
“読んでいて心が痛くなるのだが、途中で読むのをやめられないのは彼女を支えるのがたくさんの本と物語そのものであるから。”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/216555/review/121046/


図書館には何時間もいれる子どもでした。図書館の魔法、本当にありますよネ。
—————————

2位
いつまでも美しく: インド・ムンバイの スラムに生きる人びと
書籍:いつまでも美しく: インド・ムンバイの スラムに生きる人びと
(キャサリンブー/早川書房)
レビュアー:はにぃさん 
“「いつまでも美しく(Beautiful Forever)。いつまでも美しく。いつまでも美しく。・・・」”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/216430/review/121388/


全米図書賞に輝いた傑作ノンフィクション。以前も書きましたがこうした問題の実像を、まず知ることが大切だと思います。
—————————

3位
カレーライフ
書籍:カレーライフ
(竹内真/集英社)
レビュアー:はるほんさん 
“人生のトリビア。実はインドにはカレーはないっっ!”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/6893/review/121439/


書評読んで、カレー食べたくなっちゃいました。笑
—————————

3位
予告された殺人の記録・十二の遍歴の物語 (Obras de Garc〓a M〓rquez (1976-1992))
書籍:予告された殺人の記録・十二の遍歴の物語 (Obras de Garc〓a M〓rquez (1976-1992))
(ガブリエルガルシア=マルケス/新潮社)
レビュアー:かもめ通信さん 
“どの話にも大なり小なり「死」が関連しているのだが、想像していたような激しさはなく、むしろ静かにじわじわと迫ってくるものがある。”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/2872/review/120928/


ガルシア・マルケスの死去から一ヶ月。彼自身「最高傑作」といった名作がランクインです。
—————————

5位
氷点 (上)
書籍:氷点 (上)
(三浦綾子/角川書店)
レビュアー:たけぞうさん
これがデビュー作だなんて、間違いなくオバケです。
ゆるぎのない骨太の一品でした。

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/10258/review/120223/


先週のデイリートップ作ですね。先週書きましたが、1966年の大ベストセラー作だそうです!
—————————

5位
太陽の棘(とげ)
書籍:太陽の棘(とげ)
(原田マハ/文藝春秋)
レビュアー:Kuraraさん 
“沁みいる。沁みいる。沁みいる。”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/216834/review/121317/


これ個人的にすごく読みたくなりました。。!
—————————

7位
蒲団
書籍:蒲団
(田山花袋/)
レビュアー:ikuttiさん 
“これがまた実体験でもあるらしいというのだからまったくもってスキャンダルです。”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/206037/review/121304/


明治の衝撃変態小説がランクインです!!
—————————

7位
パンツが見える。―羞恥心の現代史
書籍:パンツが見える。―羞恥心の現代史
(井上章一/朝日新聞社)
レビュアー:junocoさん 
“こちらはjunocoとsayuさん との合作書評となります☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ ”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/21414/review/121312/


合作書評、素晴らしい企画です!!みなさんぜひご一読を!
—————————

7位
缶コーヒー職人―その技と心
書籍:缶コーヒー職人―その技と心
(高橋賢藏/潮出版社)
レビュアー:有坂汀さん 
“[BOSS]が出てからもうずいぶんとたっているのにいまだに心を捉えて話さない理由は
「自分たちのやった仕事が誰かの『救い』になっている」
という言葉に収斂されているような気がしてなりません。”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/21815/review/121305/


BOSSはCMがかっこ良くて印象的でした。缶コーヒーも背景を知ると違ってみえるかもしれませんね。
—————————

10位
11/22/63 上
書籍:11/22/63 上
(スティーヴンキング/文藝春秋)
レビュアー:Wings to flyさん 
“これはアメリカがこの半世紀に流した若者の血から生まれた本、という印象を受けた。”

書評URL:http://www.honzuki.jp/book/210163/review/121489/


世界最高のストーリーテラーが新たに放った最高傑作。
—————————

10位
スナックあるある この素晴らしき魑魅魍魎の世界
書籍:スナックあるある この素晴らしき魑魅魍魎の世界
(玉袋筋太郎/講談社)
レビュアー:祐太郎さん 
“のっけから強烈です
ミネラルウォーターは水道水に決まっている
お代はママの言い値”


書評URL:http://www.honzuki.jp/book/217255/review/121315/


スナック行ったことはないのですが、こういう書評を読むと興味が出てしまいますね!
—————————
今週も様々なジャンルの作品がありましたね。どれも必見です!

編集部 いけだ

シェアする

フォローする